疲れ切って何気にブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン

  • 2019.10.24 Thursday
  • 19:54

JUGEMテーマ:日記・一般



疲れ切って何気にCD棚を除く。
いやあ、大昔に毎日聞いていたな。
そう、単純にギターのお練習ということだな。
ハイダウェイは弾けるのだ!って言ってもなあ・・・・・・
騒ぐような話でもないな。
だけどこのゆったりした時間の感じが気楽な時間を何気につれてきてくれたかのような・・・・
いやあ、本当にお気楽極楽感覚だな、これって。
作っているときは楽しかったのだろいうなあ・・・・と、まあ勝手な想像。
しかし、今聞くとなぜに高校のころに必死にコピーしたのか?????
まあお勉強だなギターの
確実に基礎的技満載だからなあ

いやあ懐かしすぎ。だが晩御飯だ。
それでは飯食って寝るのだ。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

A Night at Birdland, Vol.1
A Night at Birdland, Vol.1 (JUGEMレビュー »)
Art Blakey Quintet
バードランドにおけるアート・ブレイキー(Dr)名義のライブ盤。各楽器も名うてのミュージシャンをそろえものすごい演奏を繰り広げています。この音の熱さは本当に凄いものがあります。ハードバップといわれるジャズのジャンル誕生のきっかけと言われるライブらしく、何かを生み出そうとする凄さが誰にでもわかるような本能に迫る演奏で聞かせます。本当に凄い。現在980円。続編がvol2で出ています。日本盤はボーナストラックなしで1500円。さあどちらを買うかはあなたの自由。音楽をたくさん聴きたければやはり輸入盤だろう。内容は同じでおまけがついているわけだから。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM