そう、記事の元はというか更新するものと場所は決めた。だが時間が・・・・・おいおいなんとかしろよだね。

  • 2019.08.09 Friday
  • 09:50

JUGEMテーマ:日記・一般


そう記事の構成の中のその先の内容解説のところを作成するわけだが
時間が・・・・だが今日はもしかすると。。。。そして明日は・・・・・
その先は世間はお休み。
俺は・・・・・・一人とことこと何気に動く。
おっさん一人ではさみしいというよりもまあ世間の老人問題がやっぱりうちもというだけの話。
まあだけど生きていることが一番だよね。
俺も生きるのだの巻でいろいろ考えるが・・・・その前にあてるのが本日の夕方までの一部の時間。
で、いろいろ考える。
当てまくった時代があったのだが。。。その公式をどこかに状況が
だがいろいろ思い出してきた。
まずは素因数分解。。。おいおい大げさだな
その中でのパターンと癖が最初・・・そしてその中の組み合わせの構成と出現率と組み合わせ

これの中で公式を発見して何気に利益を生むという冗談みたいな状況を作ったわけだ

果たして????

まあ暇見てまた考えるのさ!
必殺の隠居探しの旅の巻だな!!






コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

A Night at Birdland, Vol.1
A Night at Birdland, Vol.1 (JUGEMレビュー »)
Art Blakey Quintet
バードランドにおけるアート・ブレイキー(Dr)名義のライブ盤。各楽器も名うてのミュージシャンをそろえものすごい演奏を繰り広げています。この音の熱さは本当に凄いものがあります。ハードバップといわれるジャズのジャンル誕生のきっかけと言われるライブらしく、何かを生み出そうとする凄さが誰にでもわかるような本能に迫る演奏で聞かせます。本当に凄い。現在980円。続編がvol2で出ています。日本盤はボーナストラックなしで1500円。さあどちらを買うかはあなたの自由。音楽をたくさん聴きたければやはり輸入盤だろう。内容は同じでおまけがついているわけだから。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM