なぜか最近ビートルズ聴きながら・・・・うーむ。気がつくと特定の人になるのだな、やっぱり。

  • 2016.01.16 Saturday
  • 09:37
JUGEMテーマ:日記・一般


そう、ジュークボックス化しているpcにはかなりの音が詰まっている。
昔はよかったねのレベルだな・・・・おっとととととととと・・・

で適当に編集して流しっぱなしにすることがある。
そう、疲れているのだ。
で、何気に大昔に戻りビートルズ。
小学生かい?俺は(笑)そう6年生時代に戻ってしまった。
青盤を買ってもらったのが確か5年生のころのはず。違うかな?
まあいいや、当時はまだ新譜扱いに近かったような違うような・・・わからないなさすがに。

で適当に自分で曲順決めて適当にボックス化
気がつくとサイケなジョン・レノン、プラスアルファになってしまった。

実際にそれが一番の特徴ということなのだろうな。
浮いたところから聞こえる歌声か・・・・・・・

天国からの声なのかな?
デビッド・ボウイと会話中だったりしてね。

合掌
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

A Night at Birdland, Vol.1
A Night at Birdland, Vol.1 (JUGEMレビュー »)
Art Blakey Quintet
バードランドにおけるアート・ブレイキー(Dr)名義のライブ盤。各楽器も名うてのミュージシャンをそろえものすごい演奏を繰り広げています。この音の熱さは本当に凄いものがあります。ハードバップといわれるジャズのジャンル誕生のきっかけと言われるライブらしく、何かを生み出そうとする凄さが誰にでもわかるような本能に迫る演奏で聞かせます。本当に凄い。現在980円。続編がvol2で出ています。日本盤はボーナストラックなしで1500円。さあどちらを買うかはあなたの自由。音楽をたくさん聴きたければやはり輸入盤だろう。内容は同じでおまけがついているわけだから。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM