マディ・ウォーターズ アイム・レディ

  • 2006.03.09 Thursday
  • 12:23
I¥'m Ready
I¥'m Ready
Muddy Waters

マディ・ウォーターズのブルースカイ・レーベルからの2枚目の作品。
残念ながらこれはマディの作品というよりもマディが歌っているというだけの作品だ。ジョニー・ウィンタースが全面的にプロデュースしていてうまくまとめているし、結構聞き所もあるのだがなんだろう腰がキチンとすえて落ちていないというか、マディ・ウォーターズの骨太さ加減というものがなく聞きやすいロック・アルバムになってしまっているような感じがするのだ。
マディのチェス時代の傑作から見ると随分落ちるような気がするのは私だけではないだろう。グラミー賞を確かとった作品だと思うけれど、作品がすばらしいというよりも白人社会からみたマディ・ウオーターズの何度目かの再発見ということに対して授与したのではないかとおもうような感じだ。実際問題、曲は過去の焼き直しに過ぎないし、演奏も定型的なものを一生懸命やっているという感が強いのだ。大体ギターがうるさすぎる。ただブルース・ギターの基礎をしっかり学ぶには録音がよいのでよいのかもしれない。

ほとんど教本状況の作品です。平凡な作品を出してみたという感じかな。
なにか肌触りが決定的に違うのだ。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

A Night at Birdland, Vol.1
A Night at Birdland, Vol.1 (JUGEMレビュー »)
Art Blakey Quintet
バードランドにおけるアート・ブレイキー(Dr)名義のライブ盤。各楽器も名うてのミュージシャンをそろえものすごい演奏を繰り広げています。この音の熱さは本当に凄いものがあります。ハードバップといわれるジャズのジャンル誕生のきっかけと言われるライブらしく、何かを生み出そうとする凄さが誰にでもわかるような本能に迫る演奏で聞かせます。本当に凄い。現在980円。続編がvol2で出ています。日本盤はボーナストラックなしで1500円。さあどちらを買うかはあなたの自由。音楽をたくさん聴きたければやはり輸入盤だろう。内容は同じでおまけがついているわけだから。

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM