RSS | ATOM | SEARCH
アスワド ライブ&ダイレクト
Live and Direct
Live and Direct
Aswad

ブリィティシュ・レゲエの代表的存在であるアスワドの全盛期のライブ盤。
この作品はアナログ時代はミニアルバムとして発表されていて今の形になったのはCD化されてから以降のことになります。この作品の発売前にはアスワドは何度か日本にきており、東京の後楽園ホールでのライブは特に内容がよく永遠に記憶に残るかのようなライブであった。基本的に彼らも根本においてはジャメイカ人であり移民の悲哀を感じている分、逆により音楽が彼らのルーツへと旅立たせているかのような感じになっている。このような流れからこの作品でもルーツ・ロック・レゲエよりの演奏を繰り広げている。演奏は基本的に堅実で輪郭のはっきりとしたものです。実際のライブともほとんど変わらない状況です。この作品の音は実際のライブと寸分くるいのないかのような演奏です。聞いた事がない方でもこの作品の音を信じてかまいません。ライブバンドとしての彼らは最高水準であり、全く非の打ち所がないほど完璧な演奏です。テンション張り詰めるメッセージソングからやわらかめの歌まで本当にこのバンドの表現力は最高です。このCDは音もよく、また分離がよいのでオリジナルがいくら暗くとも、ここでははっきりとポジティブに聞こえてきます。デビューからここまでのベスト盤といってもかまわない選曲なので入門用にももってこいです。オリジナル盤よりもこちらの方ができが良いぐらいですのでアスワドをはじめて買うならこの作品からでも大丈夫です。はい本当にすぐれたレゲエのライブ盤です。お勧めの名盤です。
author:管理人, category:レゲエCD, 01:34
-, -, pookmark