RSS | ATOM | SEARCH
ウィルソン・ピケット グレイテスト・ヒッツ
Wilson Pickett¥'s Greatest Hits
Wilson Pickett¥'s Greatest Hits
Wilson Pickett

先日亡くなったソウル・ミュージックの大御所の一人、ウィルソン・ピケットのベスト盤です。アトランテック時代の主だったヒット曲はキチンと網羅している優れものです。ウィルソン・ピケットで何を聞いたらよいのか解らない、もしくは何を買えばよいのか解らないといった場合にはこのベスト盤をお奨めします。特にバックにスティーヴ・クロッパーにドナルド・ダック・ダンがついている曲はメリハリが効いていてなかなかよいです。(1、2、3、4)このときが一番ひかり輝いている感じだ。その後にマッスル・ショールズにおける録音が続き、「YOU KEEP ME HANGING ON」がヴァニラ・ファッジの影響を受けたかのような演奏他1曲がマイアミ、それにいくらかフィラデルフィアでの録音を含みます。なかなかいろいろなことをやりたがる人のようですが、ロック・フィールドの曲はちょっと難しいかなと。後年失速したのもこのあたりが原因なのでしょう。ただ当初のスタックスサウンドだけではいずれ頭打ちになることがわかっていたこともありいろいろ試したのでしょう。歌は超一流だがやはり60年代にひかり輝いていた人と考えた方がよいでしょう。まあダック・ダンやスティーヴ・クロッパーが入っている時のサウンドがそのままどこに行っても続いています。要するにブルース・ブラザース・バンドの音と考えてください。映画の1本目の方の音はこの人から大きく影響を受けたものだと考えていただければ間違いありません。ブルース・ブラザース好きにはお勧めの一枚です。
author:管理人, category:ソウルCD, 19:34
-, -, pookmark